三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

グルメ スイーツ

三軒茶屋のタピオカドリンク「TEA LAND」を徹底レポ!全てセルフでタピオカ入れ放題

投稿日:

三軒茶屋の茶沢通りに新しいタピオカドリンク屋「TEA LAND」ができましたので、行ってきました。

他のタピオカドリンク店にはない「完全セルフ」「タピオカ入れ放題」といったサービス展開で、かなり楽しいお店でした。

「TEA LAND」の店舗情報

tealand-repo_1

TEA LANDティーランド」は2019年7月3日にオープンしたタピオカドリンク店。チェーン店ではないため、三軒茶屋のここにしかありません

お店の特徴は「すべてセルフサービス」なところ。自分自身でタピオカを入れて、ドリンクを入れて、そしてトッピングを入れる。

したがってタピオカの量やドリンクの量などは、すべて自分で調整可能!タピオカを山盛りてんこ盛りにすることもできます。

店舗情報


【店名】TEA LAND
【住所】東京都世田谷区太子堂2−23−4(Googleマップが開きます
【営業時間】11:00~23:00
※現在営業時間変更中で、平日土曜は14:00〜22:00、日曜は13:00〜22:00になっています。

「TEA LAND」へのアクセス

tealand-repo_2

場所は、茶沢通りにある手羽先居酒屋「幸の羽」の隣になります。国道246号線を下北沢方面に向かったなら、「三茶ヤ」を越えた先になり、カキ氷の「バンパク」よりは手前になります。

表には大きく「TEA LANDティーランド」のロゴが出ているので、見逃すことはないと思います!

「TEA LAND」の全メニュー一覧

tealand-repo_3

TEA LANDティーランド」でのオーダーは食券機で行います。選ぶ項目は「サイズ」と「トッピング」のみ。どのドリンクをオーダーしても同じ値段です。

メニュー一覧

【サイズ】
・M(500ml):550円
・L(700ml):650円
【トッピング】
・上記の値段に+100円で2種類まで追加可能
【ドリンクベースの種類】
濃厚ミルク/アッサムミルクティー/ジャスミンミルクティー/ウーロンミルクティー/苺ミルク/発泡パイナップルティー/ピーチ烏龍/烏龍コーヒーラテ
【トッピングの種類】
ホイップクリーム/抹茶/オレオ/ヨーグルトチーズクリーム/苺ジャム/M&Mチョコ

「TEA LAND」でのオーダー方法

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

TEA LANDティーランド」では、ドリンクの作成をすべて自分で行います。このカスタマイズできる感じが非常に楽しかったです!

step
1
食券機でチケットを購入

tealand-repo_5

店内に入ってすぐ右手に大きな券売機があります。サイズを「M/L」のどちらかを選び、基本は終了。必要な人はトッピングを追加で選択します。

step
2
カップを選び、タピオカを入れる

tealand-repo_6

お店の入り口に、2種類のカップが置いてありますので、購入したカップを取ります。そして、タピオカが炊飯器に入っていますので、好きなだけカップの中に盛り付けます

入れ放題なのですが、入れすぎるのはオススメしません!過ぎたるは及ばざるが如しというように、入れすぎると美味しさが半減です。私は入れすぎて後悔しました……。

step
3
氷を入れる

tealand-repo_7

タピオカが入ったコップに氷を入れます。適量は5〜6個と書いてあります。個人的には冷たいドリンクが苦手なので、2〜3個ぐらいが好み。

step
4
ドリンクを入れる

tealand-repo_8
tealand-repo_9

各ドリンクが置いてありますので、自分の好きなドリンクをコップに注ぎます。

先に入れたタピオカ・氷の量が多すぎると、ここで入れられるドリンクの量が少なくなりますのでご注意を!

「drink mix NG」と書いてありますので、複数のドリンクを合わせてミックスするのはダメです。

step
5
トッピングを入れる

tealand-repo_10

先に食券機で購入したトッピングを入れます。トッピングの量も規定はありませんので、自分の好きな量をいれましょう。

step
6
フタをして梱包する

tealand-repo_11
tealand-repo_12

最後にフタをして完成です!ストローは「長い/短い」の2種類ありますので、オーダーしたカップのサイズに合うものを選びましょう。

袋も用意されています。飲み歩きせず、テイクアウトしたい場合は、自分でこの袋に入れて持ち帰りましょう。

tealand-repo_13

↑手を洗う場所もあります。タピオカを入れるとき手に黒糖が付いたりします。そういったときにも、こうした洗い場があるのは嬉しいですね。

「TEA LAND」の店内

tealand-repo_4

店内の壁はコンクリートの打ちっぱなしでオシャレ。上記のように自分でドリンクを作るスタイルなので、店内を一方通行に進んでいく形になります。

イートインを前提には作っていないんだと思います。店内にカウンターはありますが、ここで飲むのはあまり推奨できないかも。

大きい店舗ではないので、ここで飲んでいると混雑するし、邪魔になってしまいそうなので、私は外で飲むことをおすすめします。

「TEA LAND」の実食レポート

最後になりましたが、オーダーしたドリンクのレポートです!今回は「アッサムミルクティー」と「ウーロンミルクティー」を購入しました。

tealand-repo_14

タピオカの感じは、結構歯ごたえのある印象。柔らかくてふにゃふにゃしている感じじゃなく、シッカリと食べごたえのある感じでした。

ドリンクもそれぞれお茶の風味がシッカリしていて美味しかったです!特にアッサムミルクティーは紅茶の味わいが深く残っていて、タピオカと良くマッチしている印象でした。

ちなみに店員さんの一番の自信作もアッサムミルクティーなんだとか。なるほど納得の味でした!

お茶の風味をしっかりと楽しむためにも、タピオカの量を入れすぎないのがコツだと思います。

入れ放題なので、思いっきり入れたい気持ちもわかりますが、欲を抑えて丁度いい量を入れるのが大切です。

自分でカスタマイズできる楽しさ

三軒茶屋には他に「THE ALLEYジアレイ」、「三茶ヤ」、「パンダシュガー」「cottonコットン」「東季17」と、数多くのタピオカドリンク店が出店しています。

各タピオカドリンク店は独自のサービスや特徴を打ち出していますが、「TEA LAND」の良いところはやはり「自分で作れる」という点でしょう。これは他のドリンク店にはない楽しみです。

他のタピオカドリンク店との比較記事もありますので、三軒茶屋でタピオカドリンクに迷ったら参考にしてみてください。

合わせて読む
三軒茶屋のタピオカ店を徹底比較!各店舗の違いと特徴まとめ

続きを見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人
アバター

bamka(ばんか)

三軒茶屋で生まれ育って30年以上のウェブディレクター*ウェブライターです!「わかりやすくて役に立つ」をモットーに、みなさまの生活が豊かになる情報を配信していきます。気になる点・もっとこうして欲しいなどの要望は、お気軽にご連絡ください。

-グルメ, スイーツ
-, , , , ,

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.