三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

サイトについて:三軒茶屋限定の地域メディア「三茶廻(さんちゃまわり)」とは

三茶廻さんちゃまわりとは、三軒茶屋限定さんげんぢゃやげんてい地域情報ちいきじょうほうメディアです。

「三軒茶屋周辺」「三軒茶屋を中心とした」といった曖昧なものではなく、あくまで三軒茶屋のみが対象となります。

コンセプトは「三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報をお届けする地域メディア」。

三軒茶屋に初めてくるひと。
つぎの休日に三軒茶屋に遊びにくるひと。
テレビで見て三軒茶屋に興味を持ったひと。

そんな「これから三軒茶屋を知りたい」という方々に、三軒茶屋という街の魅力をお届けしていきます。

また「三軒茶屋に住み、暮らしているひと」「これから住みたいと思っているひと」にとっても役立つメディアとして、生活がもっと豊かで便利になる情報もお届けしていきます。

このメディアでは、「新しいお店ができました」「今度こんなイベントがあります」「あのお店が美味しかったです」といった事実だけをお伝えするのではなく、ぼく自身が見て聞いて、足を使って知った「きた情報」を掲載けいさいします。

三茶廻の概要

■名称:三茶廻さんちゃまわり

■ URL:https://sanchaba.tokyo

■ 主なコンテンツ
三軒茶屋に特化した地域メディア。
最新の商業施設情報・イベント情報・グルメ情報・地域のローカル情報、三軒茶屋での暮らしに役立つ情報など、三軒茶屋に関心のある方に役立つ情報をさまざまな角度から発信しています。

■ 主な地域
三軒茶屋(池尻大橋・三宿などは範囲外としています)

■ 開設時期:2019年5月

三茶廻の管理人:ばんかとは?

「ばんか」と申します。生まれ育ちが三軒茶屋で、30年以上三軒茶屋に住み暮らしています

ウェブディレクターとして企業に務めつつ、「Textuberもじちゅーばー」としてブログメディア「あなたのスイッチを押すブログ」を企画運営しています。

ブログ「あなたのスイッチを押すブログ」では、iPhoneやMac、ウェブサービスを中心に、ITの技術を使って生活を豊かにするテクニックや活用術を掲載中。月間50万以上のアクセスをいただき、雑誌やテレビなどのメディアにも出演。書籍の執筆やイベントでの登壇とうだんなどを行っています。

三茶廻にかける想い

良くも悪くも、移ろいゆく街。それが三軒茶屋です。

トラディショナルとトレンドが融合する。レトロとモダンが共存する。そんな「過去と未来がぐっちゃぐちゃになっている街」が三軒茶屋だと思っています。

三軒茶屋は古い街です。ぼくが生まれる前からずーっとある古い喫茶店や食事処、飲み屋がいっぱいあります。そんなレトロでディープな雰囲気を楽しみに訪れるひとも多い。

一方で流行りに敏感な街でもあります。

カラオケが流行ればビル1棟分のビッグエコーができ、レンタルビデオサービスが流行れば巨大なTSUTAYAができる。タピオカドリンクが流行ったかと思えば、専門店がすぐに3件もオープンしました。

しかし、光があれば影がある

新しくできたお店の数だけ、消えていったお店があります。残念ながら経営がむずかしくなったお店もあれば、年齢や体力の関係でやめざるを得なくなったお店も。

地元民から愛され続けていたパン屋が、後継者がおらず、体力的にも限界となり、やむなく閉店してしまいました。

その話を聞いた地元の人たちが、最後にもう一度あの馴染みに焼きそばパンを食べようと、長蛇の列を作ったのも最近のできごとです。

時間の流れとともに、新しいものが次々とできては、古いものが忘れ去られてしまう。

でも、良かったものを「過去の記憶」にしてしまって良いものでしょうか。ぼくはそれが悔しかった。

あの焼きそばパンの味は、いつか忘れてしまう。いずれ、そんなパン屋があったことさえ忘れ去られ、パン屋の存在を知る人すらいなくなっていくでしょう。

しかし、三軒茶屋で生きたそのお店、その人々の軌跡は、誰かが残していかなくちゃいけない。誰もがあとから振り返れる “形ある想い出” を残さなくては。そう思いました。

大好きな街「三軒茶屋」。その魅力がひとりでも多くの方に伝われば幸いです。

投稿日:

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.