三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

開店・閉店

三軒茶屋に新タピオカドリンク「東季17」が7月29日オープン!本格茶葉でトッピングも豊富

更新日:

THE ALLEYジアレイ」、「三茶ヤ」、「パンダシュガー」に続いて、新たにタピオカドリンク屋「cottonコットン」ができると言いましたが、さらに2件のお店がリリースを控えているとのことです。

そのひとつ「東季とうき17」について現時点でわかっている情報をご紹介します。

「東季17」の店舗情報

東季とうき17」は、東京の上のに本店を構えるタピオカドリンク店。関東を中心に着々と店舗数を増やしていて、吉祥寺(4月オープン)・渋谷(7月オープン)・船橋などに店舗があります。

三軒茶屋は10号店にあたる店舗で、7月に開店予定。その後すでに11号店が中野にオープンすることが予定されています。

7月29日にオープンが決まったそうです!

ネコの「トキくん」がトレードマーク。ドリンクとトッピングの豊富さが特徴的です。

店舗情報


【店名】東季17(TOKI SEVEN TEA)
【住所】東京都世田谷区三軒茶屋1−37−14
【営業時間】11:00 ~ 21:00
【オープン】2019年7月予定
【公式HP】TOKI SEVEN TEA(東季17)タピオカミルク専門店 | TOKI SEVEN TEA (東季17)タピオカミルクティー専門店

「東季17」のメニュー

toki17-open_3

東季とうき17」は、基本のドリンクを注文して、トッピングにタピオカを追加する形です。

ベースとなるドリンクが豊富。特にお茶系のベースが多いのが個人的に嬉しいですね。鉄観音や緑茶などは「ジアレイ」との違いに注目したいです。

ごま豆腐や紫芋など、ちょっと変わり種なのも気になります。

トッピングの豊富さも楽しい!グラスゼリー(仙草ゼリー)が好きなので、これは入れちゃうなぁ。プリンやオレオはかなり珍しいトッピングです。

値段は相場より若干高め。Mサイズのアールグレイミルクティーにタピオカ追加で530円なので、「三茶ヤ」に比べると100円の違いがあります。

「東季17」へのアクセス

場所は「THE ALLEYジアレイ」と「パンダシュガー」の間に位置します。お寿司の「築地すし好」の隣のビルになります。

地図上だと国道246号線沿いにも見えますが、ひとつ裏の通りになりますので注意。

かなり激戦区になりつつある三軒茶屋のタピオカドリンク事情。今後、どのような展開を見せていくのか気になるところですね。

合わせて読む
三軒茶屋のタピオカドリンク「三茶ヤ」を徹底レポ!黒糖タピオカの味わいが格別に深い

続きを見る

合わせて読む
三軒茶屋のタピオカドリンク「パンダシュガー」を徹底レポ!何度も行きたくなる豊富なメニューが特徴

続きを見る

合わせて読む
三軒茶屋のタピオカドリンク「THE ALLEY(ジ アレイ)」を徹底レポ!お茶の風味をたっぷり感じる美味茶

続きを見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人
アバター

bamka(ばんか)

三軒茶屋で生まれ育って30年以上のウェブディレクター*ウェブライターです!「わかりやすくて役に立つ」をモットーに、みなさまの生活が豊かになる情報を配信していきます。気になる点・もっとこうして欲しいなどの要望は、お気軽にご連絡ください。

-開店・閉店
-, , , ,

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.