三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

開店・閉店

エコー仲見世商店街の「楽釜製麺所」が2019年6月で閉店!コスパの良いうどん屋だったので残念

投稿日:

三角地帯エリア、仲見世の入り口に大きく構えていた「楽釜製麺所」が、2019年6月28日をもって閉店してしまいました。

楽釜製麺所は「自家製麺」の讃岐うどんが食べられるチェーン店。三軒茶屋は三角地帯エリアにある「エコー仲見世商店街」の一角に位置していました。

表通りから、麺を打つ調理場が見えていて、前を通るたびに美味しそうな風景を目にしていました。

コスパ最高で美味しいうどん屋でした

rakugamaseimen-close_1

個人的に楽釜製麺所は好きだったので、今回の閉店のニュースはショックでした。美味しいうどんを気楽に食べられるとあって、結構おせわにもなっていたんですが……残念です。

サッと入ってパッと食べられる。時間のないランチや、早く帰りたい夕食どきには重宝していました。

麺が美味しかったんですよね。最近はちょっと柔らかくなってしまった気がするんですが、オープン当初はかなりコシのある麺でして、食べごたえがありました。

コスパも良くてね。500円あればトッピングに天ぷらも追加できるぐらい。

そういえば昔は「はなまるうどん」もありましたが、それも今はなくなってしまいましたね。最近だと「のらや」も閉店となってしまいましたし……。三軒茶屋でチェーンのうどん屋さんは難しいのかなぁ。

その他の三軒茶屋で美味しいうどん屋

楽釜製麺所ほど安くはありませんが、美味しいうどん屋が三軒茶屋にはあります。同じく三角地帯エリアにある「武蔵野うどん じんこ」。

こちらは讃岐うどんではなく「武蔵野うどん」。東京都多摩地域から埼玉県北部の武蔵野平野に古くから伝わる手打ちうどんで、水で冷たく〆て、熱々のつけ汁で食べます。

うどん自体もめちゃくちゃ美味しいんですが、ここは天ぷらが本当に美味しい。サックサクの衣が特徴で、塩で食べるのが最高です。

うどんと一緒に食べても良し、単品で食べても良しで、かなり楽しく満足できるお店です。うどんを食べたくなったらオススメ!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人
アバター

bamka(ばんか)

三軒茶屋で生まれ育って30年以上のウェブディレクター*ウェブライターです!「わかりやすくて役に立つ」をモットーに、みなさまの生活が豊かになる情報を配信していきます。気になる点・もっとこうして欲しいなどの要望は、お気軽にご連絡ください。

-開店・閉店
-,

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.