三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

グルメ

【BLISS DINING】店舗情報と実食レポ!無添加で健康的なアメリカン料理

更新日:

三軒茶屋にあるアメリカ料理店「BLISS DININGブリスダイニング」。

アメリカ料理ではありますが、実はかなり健康志向

料理に使用するすべての素材は天然由来で、化学合成された無添加は一切使用していません。化学調味料・合成香料・合成甘味料・保存料・PH調整剤・酸化防止剤フリーなのです。

また、トランス脂肪酸も不使用オメガ3系の豊富なエクストラバージン大豆油を使用し、その他のオイルはエクストラバージンオリーブオイルのみを使用しています。

blassdining-repo_1

これだけ健康的な料理でありつつ、ランチはかなりボリューミーで満足感120%!サラダバイキングも付いて1,000円というリーズナブルな価格です。

罪悪感なしにお腹いっぱいになれる「BLISS DININGブリスダイニング」のランチを今日はご紹介します。

アメリカ料理「BLISS DINING」の店舗情報

blassdining-repo_2

BLISS DININGブリスダイニング」は2017年1月にオープンしたアメリカ料理店。三軒茶屋駅の北口から徒歩10秒という好立地にあるお店です。

メニューの数はおおよそ70点と幅広く、くわえてお酒のバリエーションも豊富。そのためランチやディナーの利用だけでなく、お酒を楽しみに来店する人も多いお店です。

半地下の店内は、ちょっとオトナな雰囲気が漂います。テーブル席・ソファー席・カウンター席が揃っており、一人での来店から大人数での集まりまで、幅広く対応できます。

特徴はなんといっても安心安全な料理。「自分の子供にも食べさせらるようなメニュー」という想いから、化学調味料を使わず、食材のもつ栄養や美味しさを最大限に引き出す料理を提供してくれます。

「製造工程が不明な素材は販売元に問い合わせて確かめる」「手に入らないようなソースなどは自分たちで作る」とのことで、こだわりと想いの深さを感じます。

店舗情報


【店名】BLISS DININGブリスダイニング
【住所】東京都世田谷区太子堂4-23-16(Googleマップが開きます
【営業時間】11:30〜24:00(日〜木)/11:30〜25:00(金土・祝前日)
【ランチ】11:30〜16:00
【定休日】なし
【座席数】テーブル35席/カウンター10席

アメリカ料理「BLISS DINING」へのアクセス

blassdining-repo_3

三軒茶屋駅の北口を出たら、茶沢通りに向かって徒歩10秒の場所にあります。お店は地下にあるため分かりづらいですが、お店の前には看板が出ています。

靴屋の「チヨダ」の隣で、ケンタッキーフライドチキンよりも246側に位置します。

アメリカ料理「BLISS DINING」の全メニュー一覧

BLISS DININGブリスダイニング」はアメリカ料理店ですが、ハンバーガーやステーキばかりではありません。トルティーヤやタコス、パスタやライス系の食事も揃っています。

ランチと夜ではメニューが変わりますので、それぞれご紹介します。

ランチメニュー

blassdining-repo-menu_1
blassdining-repo-menu_2

ランチの価格は約1,000円。一部のパスタが1,100円で、一番高いのが1,500円の「和牛イチボのステーキ」になります。別料金で、アルコール類やデザートをオーダーすることも可能。

「日替りランチ」と「日替りパスタ」は、お店の前の黒板に掲示されています。この日は「豚肉と彩り野菜のバジルソテー」と「キノコとほうれん草のかぼちゃクリーム」でした。

すべての料理に「サラダバー」「ドリンクバー」「スープ」が付きます。あとで写真付きで紹介しますが、このサラダバーがすごい。色んな種類の野菜を自分の好きな組み合わせで盛ることができます。

ランチとは別に、18時までの間は「1時間1,000の飲み放題プラン」もあります。ビールやワイン、ハイボール、焼酎、カクテル、ソフトドリンクが飲み放題のプランです。

ディナーメニュー

blassdining-repo-menu_3
blassdining-repo-menu_4
blassdining-repo-menu_5

ディナーメニューのジャンルは「ステーキ」「フレンチフライ」「バッファローチキンウイング」「タパス(小皿料理)」「サラダ」「トルティーヤ・タコス」「パスタ・ごはん」「スイーツ」で、それぞれ5〜10種類ほどのレパートリーが揃っています。

ガッツリ食事をするのもアリだし、友達とお酒を交わしながら肴をつまむも良し、あるいは一人でカウンターでしっぽりって感じでもOK。いろんな使い方ができそうです。

アメリカ料理「BLISS DINING」の外観・店内・雰囲気

木製の壁に沿って、地下へと階段を下ります。エレベーターなどはありませんので、ベビーカーなどは持ち運ぶしかありません。傾斜が急なので要注意。

blassdining-repo_4

壁がレンガ調になっていて、カウンターからは厨房が見えるスタイル。太陽光は入りませんが、照明は多めなので薄暗い感じはありません。

blassdining-repo_5

テーブル席やカウンター席があり、テーブルとテーブルの間隔はちょっと近い感じですかね。場所によってですが、隣の席との距離が近いところがチラホラあります。

blassdining-repo_6
blassdining-repo_7
blassdining-repo_8
blassdining-repo_9

アメリカ料理「BLISS DINING」の実食レポート

この日は家族でランチをいただいたので、その食事をご紹介します。オーダーしたのは「牛スジデミグラスのオムライス」と「ケイジャンジャンバラヤ」の2品でした。

ランチタイムはお店の真ん中にサラダバーのテーブルが出ていて、自分の好きなように盛り付けられます。サラダの種類が豊富なのが楽しくて嬉しくて、結局2度もおかわりしてしまいました。

blassdining-repo_10
blassdining-repo_11

ドリンクバーでは、コーヒーやジャスミンティー、りんごジュースの他に、「デトックスウォーター」や「ザクロ酢ウォーター」があります。

個人的に「ザクロ酢」がお気に入り!メチャクチャ美味しくてハマっていました。

blassdining-repo_12
blassdining-repo_13

スープはコンソメ系。こちらも美味しくて、いくらでもおかわりできてしまうほど飲みやすいスープでした。

blassdining-repo_14

こちらが「牛すじデミグラスのオムライス」。大玉でほろほろの柔らかい牛肉がゴロゴロと入っていて、ボリューミー!ふんわり半熟の玉子とデミグラスソースが絶妙です。

blassdining-repo_15

こちらが「ケイジャンジャンバラヤ」。中にはライスがあって、こちらもボリューミー!フレッシュなトマトが良いアクセントですね。隣に添えられたハラペーニョを混ぜると、いい具合にスパイシーになります。

blassdining-repo_16

どちらも食べやすく、間違いなく美味しい!誰でも好きな味でしょうね。おそらくこれを嫌う人はいないでしょう。

罪悪感なしでお腹いっぱいに

安心して子供を連れていけるお店って、意外と少ないんですよね。しかも生野菜が取れるってなると、これまた数が限られる。

その中でもこのお店は、子供に気を使って質素な料理を食べる必要がなく、大人もガッツリ楽しめる!個人的にとても好きなお店です。

もちろん大人だけで行っても楽しそう。今度は友人を連れてお酒を嗜みたいなと思っています。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人
アバター

bamka(ばんか)

三軒茶屋で生まれ育って30年以上のウェブディレクター*ウェブライターです!「わかりやすくて役に立つ」をモットーに、みなさまの生活が豊かになる情報を配信していきます。気になる点・もっとこうして欲しいなどの要望は、お気軽にご連絡ください。

-グルメ
-, , ,

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.