三軒茶屋で暮らす・楽しむ・食べるに役立つ情報を届ける地域メディア

三茶廻(さんちゃまわり)

イベント

木の玩具屋「ウディック」で親子ワークショップを体験!子供の真剣な姿が見られる貴重なチャンス

投稿日:

木の玩具おもちゃとジェラートのお店「Woodayiceウディック」。以前当ブログでも紹介しましたが、4歳の娘をもつ我が家にとっては、とても楽しいお店です。

この「Woodayiceウディック」では定期的にワークショップを開催しており、子どもと一緒に木の玩具おもちゃを作ることができます。

今回は娘と一緒に「どんぐりころころ」という玩具おもちゃを作ってきましたので、その様子をご紹介しようと思います。

木の玩具とジェラートの店「ウディック」とは

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

三軒茶屋にある「Woodayiceウディック」は、豊富な木の玩具おもちゃを取り揃えたお店で、同時に美味しいジェラートの取り扱いもしています。

木の暖かみがあふれる店内には、所狭しと木の玩具おもちゃがずらり。0歳で遊べる玩具おもちゃから、大人と一緒になって遊べるアナログゲームまで、様々な取り扱いがあります。

また美味しいジェラートがいただけるという点でも有名。年間80種類ものメニューがあり、定番のものから、季節に合わせた期間限定ものまで、いつ足を運んでも楽しいお店です。

お店に並んでいる玩具おもちゃや、ジェラートメニューの詳細などは、別途まとめてありますので、合わせて参考にしてみてください。

合わせて読む
木のおもちゃとジェラートのお店「ウディック」は大人も子供も楽しい秘密基地だった

三軒茶屋に「Woodayice(ウディック)」というお店があります。 扉をくぐると、そこはまるで大樹の幹を切り抜いてできた隠れ家のようでした。木のぬくもりを感じる店内には、これまた木でできた子供のおも ...

続きを見る

ウディックで開催されるワークショップについて

Woodayiceウディックでは定期的にワークショップを開催しており、オリジナルの玩具おもちゃを作ったりできます。

ワークショップの情報は、店頭での案内や、公式ホームページのほか、TwitterなどのSNSから確認できます。

ワークショップレポート:どんぐりころころ

今回私たち家族が参加したのが、こちらの「オリジナルどんぐりを作ろう」ワークショップ

woodayice-workshop_chirashi

↑クリックで拡大できます。

「どんぐりころころ」とは、どんぐりやキノコの形をした木の玩具おもちゃで、小さな坂道に置くとコトコト音を立てて歩いていくのです。

woodayice-workshop

「ワークショップ」といっても開催場所はWoodayiceウディックのお店です。当日は店頭の看板にも大きく案内が出ていました。

woodayice-workshop_1

当日もお店は普通に営業しています。ちなみにこの日の限定ジェラートは「ラムネ・ココナッツミルク・枝豆」でした。

woodayice-workshop_2
woodayice-workshop_3

ワークショップはお店の奥で行われます。普段はカフェとして用意してあるテーブルのある場所ですね。

woodayice-workshop_4
woodayice-workshop_5

予定の時間よりちょっと早めに行ったのですが、すでに準備は整っていました!担当の女性はひとりで、娘に親切丁寧に作り方を説明してくれます。

woodayice-workshop_6

今回のワークショップでは、「顔パーツ」と「傘」2つのパーツを組み合わせます。それぞれに自分で好きなデザインを書いて、オリジナルの「どんぐりころころ」を作ります

woodayice-workshop_7

↑お店に用意してあった完成サンプルがこちら。かわいい。

woodayice-workshop_8

↑これが顔のパーツ。すでに目と鼻が付いていますので、口やほっぺたを書きます。

woodayice-workshop_9
woodayice-workshop_10

↑「傘」は2種類あって、「キノコ型」と「どんぐり型」があります。

まずは「顔パーツ」。テーブルにはクレヨンと油性マーカーがあり、好きな方で絵を描いていきます

woodayice-workshop_11
woodayice-workshop_12

次は「傘」に絵を描いていきます。娘の一生懸命な姿を見るのは、親としてなんだか微笑ましかったですね。

woodayice-workshop_13

クレヨンは紙でこすると光沢がでます。

woodayice-workshop_14

最後に、歩かせるための大きなビー玉を入れて、「顔」と「傘」をくっつけたら完成です。

woodayice-workshop_15
woodayice-workshop_16

来店してから完成するまで、通しで約20分ぐらいでしょうか。子どもが集中して作業をするにはちょうど良い時間ですね。

今回作ったのは「どんぐりころころ」のみで、坂は付いてきません。ですが、この玩具おもちゃはちょっとした傾斜があれば歩くので、家にあるもので工夫すれば充分です。

毎日家で見ている娘の姿とは、ちょっと違う真剣な表情。こうしたワークショップを通して新しい一面を見るのは、なかなか新鮮で楽しい時間でした!

またぜひ面白いワークショップがあれば、行ってみようと思います。

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人
アバター

bamka(ばんか)

三軒茶屋で生まれ育って30年以上のウェブディレクター*ウェブライターです!「わかりやすくて役に立つ」をモットーに、みなさまの生活が豊かになる情報を配信していきます。気になる点・もっとこうして欲しいなどの要望は、お気軽にご連絡ください。

-イベント
-, , , ,

Copyright© 三茶廻(さんちゃまわり) , 2019 All Rights Reserved.